SOHOでマンションやオフィスを借りる時に知っておきたいコト

フリーランスとして働いてる方や自分で事業を起こしている方は、自宅とは別に賃貸物件を借りているという方が多いでしょう。これから事業を起こす予定がある方は新しく賃貸物件を探さなければなりませんが、あらかじめ知っておきたい点がいくつかあるので確認しておくことをおすすめします。

オフィス物件を探す時は、居住用物件と同じようにインターネットの不動産ポータルサイトから検索することができます。ポータルサイトを開いたら居住用ではなく事業用物件を選択します。個人事業主としてフリーランスで働いている方の中には一日の長い時間をオフィスで過ごす方とそうでない方の二種類に分かれるでしょう。フリーランスとして自分の能力を発揮するための大切なオフィスですから、物件にはこだわりたいものです。ただ長い時間オフィスにいない場合はスモールオフィスでも業務に差し支えることはないでしょう。スモールオフィスなら月々支払う家賃も節約できるので、個人事業を始めたばかりで資金的にゆとりがない状態でも安心です。

オフィス物件を借りる時は、居住用物件と違って初期費用が高くなる傾向があります。アパートやマンションといった居住用の初期費用では敷金一ヶ月分に礼金一ヶ月分という物件が多いですが、事業用のオフィスになると敷金が六ヶ月分という物件も珍しくありません。さらに火災保険料も高くなる等、初期費用に影響してくる項目が多いので事前に確認しておきましょう。

新しく借りるマンションで生活しながら個人事業も行いたいと言う時は、住居兼事務所として借りられる物件を探すことになります。スモールオフィスとして自宅を利用できれば余分な家賃が発生しませんから、しばらくは自宅にオフィスを置くという形を選択したいと言う方も多いでしょう。この場合は不動産会社に対して借りる物件で事業を行うことをしっかり告げる必要があります。ただ事業が拡張してくればいつまでも自宅の住所を使うわけにもいかないので、その時に新しくオフィス物件を借りてもいいでしょう。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>