新築マンションの「免震」「制振」「耐震」構造の違いを解説

新築マンションの構造において免震・制振・耐震などの用語が使われることがあります。日本の建築は建築基準法の規定により地震力や風圧力に対して構造上の安全基準が定められています。構造上安全な建築を造るための方法は一つではなく、さまざまな工法が試みられています。免震は地震力がそのまま建築に入らないように基礎部分に積層ゴムの免震装置を設け、地震力をやわらげようとするものです。制振は構造部分の各所にダンパーを設け、振動を熱エネルギー等に変換することで吸収しようというものです。耐震は一般的な用語で建築を地震に耐えるように設計し建設することです。日本ではそれまでの地震被害から得た知見を生かして1981年、新耐震基準が適用されました。

従来の構造上のバランスの悪さからくる欠陥を補正した基準で、その後に起こった大地震において十分な耐力があることが証明されました。建築基準法はあくまで最低限度の基準を定めるものですが、より安全性の高い建築を造るために新技術が開発されました。その中の一つが免震で、積層ゴムは揺れを吸収し上部の建築に揺れを伝わりにくくすることが確認されています。しかし建設コストがかさむことから高級マンション等に限って使われている技術です。

一方、制震は既存建築の耐震改修に用いる場合が多く、学校や公共建築の耐震改修において使われる他、ダンパーの建設コストが比較的安いことから、マンションや事務所ビルでも使われています。耐震の考え方は日本の伝統建築が参考になり、日本の伝統建築では建築に使われる全ての部材が少しずつ揺れを吸収する”総持ち”という考え方がとられていました。五重塔は揺れに対して全ての部材がきしんだり動いたりしながら見事に力を吸収します。

それに対して現代の耐震技術は積層ゴムやダンパーなどの一部の部材で揺れを吸収しようとしているので必ずしも安心はできません。免震装置の実験データに不具合が見つかると一気に建築全体の耐震性が疑問視されるのもそのためです。従来の技術でもバランスよく耐震要素を配置すれば建設コストを抑えながら地震に対して丈夫な建築を造ることができます。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>