不動産投資の特徴

投資の特徴を示す言葉にハイリスクハイリターンというものがありますが、投資はギャンブルではありません。
リスクの内容を把握すればそれに備えることができます。

 投資のリターンには、持ち続けることで得られるインカムゲインと、売却することで得られるキャピタルゲインの二種類があります。
 預貯金の利息や有価証券の配当はインカムゲイン、解約による利益はキャピタルゲインで、不動産投資の場合は家賃収入がインカムゲイン、売却益がキャピタルゲインになります。
 不動産投資の特徴は、不動産が持つ資産価値を担保にして資金調達をすることで、元手を大きくして投資額が増やせるため、インカムが大きくなることです。長引く低金利で預貯金で年間1万円を稼ぐだけでも多額の元金が必要ですが、家賃収入なら毎月数万円の収入も実現可能です。また、低金利は貯蓄のリターンを期待するには適しませんが、借入金で資金調達をするには好都合です。

 不動産投資には初期投資が必要なため、お金持ちにしか縁がないとあきらめてしまいそうですが、物件の購入資金を借り入れで調達し、毎月の家賃収入を返済に充てれば、少ない資金で投資を始めることができます。
 不動産投資のメリットが、物件の資産価値=担保価値を利用した資金調達の方法にある一方、最大のリスクも資金調達方法にあります。
 空室になって家賃収入がとだえても、借入金の返済は待ってくれないし、固定資産税や管理費などの維持費がかかるので、空室期間に耐えられる運転資金が必要です。
 借入金には利息が必要なので、繰上げ返済をすれば利息の節約になりますが、空室ができてしまったときの返済資金や、不測の修繕費などに備えて、手元資金には余裕を持っておくことが大切です。
 入居者が退去した場合、次の入居者が決まるまでの間には原状回復工事も必要なので、常に最低3カ月程度の空室に耐えられるよう、返済資金や維持管理の費用を手元に蓄えておくと安心です。 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>