不動産投資での物件購入の流れ

不動産投資はスピードが命と言われるほど、良い物件を見つけてからの行動の速さで購入できるかどうかが決まるといっても過言ではありません。
そのため、物件を購入するまでの一覧の流れを事前に知っておくことはとても大切です。

・購入したい物件の計画を立て、情報収集する
購入したい投資用物件のエリアや土地の広さ、築年数や間取り、価格帯などを決めて該当する物件をリサーチします。
不動産売買の大手ポータルサイトでは、購入希望条件を設定すれば該当する物件情報がメールで送られてくるサービスもあります。

・問い合せと内覧
購入希望対象の物件が見つかれば、仲介をしている不動産会社に問い合せをしましょう。
その後、実際に現地を見に行って検討します。
このとき、駅からの距離や周辺環境、修繕が必要な箇所があるかどうかなども合わせてチェックするようにしましょう。

・購入申し込み
現地を確認した上で、購入を希望する場合は申し込みをします。
この申込みの順番が早い方が優先的に購入しやすいと言えます。

・収支計画作成と融資申し込み
購入申し込みを入れたら、資金の調達の準備をします。
金融機関の融資を利用して購入する場合は、収支計画を作成して金融機関に融資の申し込みをします。

・売買契約締結
融資の承認が下りれば売買契約を締結します。
しかし、融資の審査結果が下りるまでには一定の時間を要することがしばしばあるため、
場合によっては審査進めている間に先に売買契約の締結をする場合があります。
その際、金融機関からの融資が下りなければ契約解除ができるローン特約をつけることがよくあります。
なお、契約金(頭金)はこの時に支払いをします。

・引き渡し
契約を締結したら、後日物件の引き渡しをして売買は完了します。
買主はこの時に残代金を売り主に支払い、同時に売り主から所有権が買主に移転します。

・税金の支払い
物件の購入からおおよそ半年後ほどで不動産取得税の支払い通知が届きます。
通知に記載されている金額を納税します。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>