一戸建て購入後の支出 | 固定資産税・修繕コストなどもあり

誰もが夢のマイホームを買う時、特に一戸建てであれば、将来的に修理費用が必要になることを頭の中では分かっています。

たとえば屋根塗装は5~7年で、外壁塗装は7~10年でといったようにかかりますし、トイレや洗面台、バスルーム、給湯器、キッチンの食器洗い乾燥機などもそうです。
そんな風に、屋内外には劣化して取り替えたり、修理しなければならない水回りの住宅設備機器がたくさんあります。

また、外壁塗装をする時に一緒にすることが多い、シロアリ駆除なども修理費用の中に含まれることでしょう。
ところが、5年先、10年先のことなので、新築のマイホームを買った時には、まだまだ先のことのように思ってしまいます。
そしてそんなことよりは、目の前の毎月支払いがある住宅ローンに目が奪われます。

マイホーム購入のために目一杯借りた住宅ローンは、ボーナス時にも支払いがあるので、住宅ローンの支払いが始まってからでは、とても修理費用を貯めることはできません。
そうこうしている内に、子どもがいれば教育費も必要になり、ボーナス時に少しばかり余裕があった分も無くなってしまいます。
そうなれば、屋根塗装や外壁塗装どころではありません。

せめてボーナス時の住宅ローンの返済が、ボーナスから支払われていなければ、住宅の修理費用も貯められるのですが、今の日本の一般的なサラリーマンの給与では、そんなこともいっていられません。
ともかく誰もが住宅ローンを目一杯借りて家を購入しているので、その返済に追われ、修理費用のことなど構っていられないのです。
しかし屋根塗装や外壁塗装をあまりにも長い間しないと、今度は塗装しようにも劣化が激しくて出来ないということにもなりかねません。

かといって、修理費用のためにまたローンを組むのであっては、いつまでたっても借金から逃れられません。
やはり初めの計画の中に、難しくても修繕費の積み立てなどを組み込み、しっかりと予算をつけることが重要です。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>