マンション経営前に知っておきたい注意点・リスクなど

“マンション経営は、人に部屋を貸し出して、その賃料を収入とするためのものです。
しかし、部屋を貸し出すという宣伝をしても、入居者不在になる可能性は排除できません。
マンションというのは、維持費がかかりますから、賃料収入が入らなければ利益がゼロになるだけでなく、赤字です。

もしも、住宅ローンを組んでいれば、その返済費用も必要となります。
ここで、その赤字をどのように処理するかによって、マンション経営が上手くいくかどうかが決まってきます。
入居者不在による賃料ゼロであれば、収入は下がります。

マンションを手に入れた時の費用を耐用年数で割った減価償却費や住宅ローンの金利は経費として計上され、差し引きで赤字になれば納めなければいけない税金額が減らせます。
つまり、入居者不在で発生した損失をこの節税方法で圧縮できるのです。

マンション経営をするうえでは、この節税方法が重要で、いかに減価償却費などの経費を増やして税金を減らすか、ということに苦心することになります。
あえて、節税目的で減価償却費や交際費など経費の額を大きくして、赤字経営にするという家主もいるくらいです。
税金を納めることは義務であり収入を減らす要因ですが、その仕組を理解することで上手に付き合うことが出来るのです。

リスクということを考えると、他にも注意する点としては、管理会社のことです。
賃貸の管理会社は倒産することが低い業種と言われていますが、多角経営などで利益を圧迫して倒産というケースはよくあります。
もしも倒産したならば、新しい管理会社を探さなければいけませんし、すでに回収していた賃料を持ち逃げされるということも考えられます。
入居者に対して、賃料を持ち逃げされたといっても、それは家主と管理会社の関係のことで、入居者に対しては家主がすべての責任を負うことが法的に求められます。

したがって、新たに入居者に賃料を求める事はできず、管理会社が逃げているということで、損失は家主が全てかぶることになるのです。
ですから、管理会社を選ぶときには、最初に信用できるかどうかを十分に検討しなければいけません。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>